HOME │ 商品ラインナップ │ 住まいのこだわり │ 各種施工事例 │ 保障制度 │ 会社概要・お問い合わせ
 

全体の印象を決定づける屋根のカタチ
屋根には様々な種類があり、外観に与えるイメージが大きく変わります。
ここでは色々なタイプの屋根形状とその特長をご紹介します。

 
 
切妻(きりづま)
単純な形状は雨じまいもしやすく、大変合理的。
シンプルな造りの為、コストが安く、雨漏りの心配も少ないのが特長です。和風・洋風どちらのタイプにも合いますので、多くの住宅に採用されています。
寄棟(よせむね)
この屋根形状も、和風・洋風どちらもOKですので、多くの住宅に採用されてます。
とても頑丈で台風などの風圧に対してとても強い形状と言われている一方で、切妻などと比べると屋裏換気が若干弱いようです。
   
入母屋(いりもや)
切妻と寄棟を合わせたような形状が特長です。
威厳があり化粧垂木や大棟と下り棟、なかには鯱なども飾り付けをして、和風住宅に多く採用されてます。
重厚かつ格調高いデザインです。
片流れ(かたながれ)
鋭角的なシルエットが特長です。
避暑地の別荘などにも見られ、シャープでモダンなイメージを感じさせます。そのシンプルなデザインは雨漏りが最も少ない屋根といわれています。
   
方形(ほうぎょう)
寄棟の一種ですが、正方形の間取りで寄棟を採用すると、ピラミッド型の屋根になります。この場合、寄棟とは言わず、方形屋根(ほうぎょうやね)と呼びます。
社寺建築に用いられる例が多いです。
陸屋根(りくやね・ろくやね)
平屋根(ひらやね)ともいいます。一般に、鉄筋コンクリート造建築に用いられ、屋上の利用が可能です。豪雪地帯では落雪事故を防ぐため、鉄筋コンクリート構造で陸屋根を採用する住宅が増えています。
   
鋸屋根(のこぎりやね)
片流れが連なった形状の屋根です。その形状から連続的に立ち上がり壁に採光をとるための窓や開口を設けられるため、工場に多く採用されてます。
住宅ではあまり見ることはありませんが、採光のメリットをうまく生かした住宅もあります。
バタフライ
蝶が羽を広げたような形で、「V 字型」形状の屋根です。
屋根の傾きが、一般的な屋根とは逆の傾きなので、個性的な住宅が楽しめそうです。
ただし、雪かきが必要な地域には採用できません。
   
マンサード
寄棟の勾配が2段の四面寄棟二段勾配屋根です。
天井高を大きくとったり、屋根裏を広くとれるメリットがあります。家のデザインにもよりますが、ヨーロッパ調の雰囲気になります。
かまぼこ屋根
かまぼこ形状の屋根です。R(アール)屋根ともいいます。屋根形状を利用した内部空間は、内観も遊びが出来てデザインのしがいがあるでしょう。
ただし、屋根のトップ部分は勾配がゼロになるので、その点は留意が必要です。
 
 

▲TOP

 
Copyright(C)2010 hatoken. All Rights Reserved.
HOME商品ラインナップ住まいのこだわり各種施工事例保障制度会社概要・お問い合わせ
営業エリア
太田市、桐生市、伊勢崎市、本庄市、熊谷市、館林市、みどり市、 足利市、佐野市羽生市、行田市、前橋市、高崎市、
深谷市、邑楽郡など 群馬県、栃木県、埼玉県県境周辺
総合建設業 羽鳥建設工業
〒373-0002 群馬県太田市菅塩町863
TEL 0276-37-1911